国内エアライン比較、スカイマークの場合

飛行機が本当に狭く、通路が本当に本当に狭い

スカイマークをJAL、ANA、エアDOと比較 | 飛行機が本当に狭く、通路が本当に本当に狭い | 「移動手段」としては十分便利

しかし、最も驚いたのは搭乗時、搭乗後です。
まず搭乗案内で「窓際の席から」順に呼ばれたのは驚きました。
しかし、その理由は実際に搭乗してみてよくわかりました。
飛行機が本当に狭く、通路が本当に本当に狭いのです。
大人がすれ違うのは相当難しいでしょう。
少し体が大きい人なら通るだけでも一苦労ではないでしょうか。
さらには、その狭い通路がミシミシという音を立てます。
「この飛行機で大丈夫かな」と不安になりつつも飛行機はテイクオフ。
機内放送も、カウンターと同じようにあまり洗練された感じはありません。
狭い通路を見て「ないのではないか」と思っていた飲み物のサービスはありましたが、カートの幅も廊下に合わせるようにかなり細い仕様です。
カートが通っているときにトイレに行くのは不可能だな、と思うほどスレスレの感じがありました。
座席自体はそれほど狭いという感じはありませんでしたが、通路がカートでふさがれ「万が一トイレに行きたくなったらどうしよう」という変な不安はずっとありました。

スカイマークスカイマーク航空とは? | なびたび